大掃除で出た不用品の数々、処分するには不用品回収業者か自治体か、どちらにお願いするのがお得? | エコファームは不用品回収など東京都内全域をカバーしております。お気軽にご相談下さい。

大掃除で出た不用品の数々、処分するには不用品回収業者か自治体か、どちらにお願いするのがお得?

大掃除などで大量に出た不用品の数々、普通のゴミとは違い、粗大ゴミが混ざっていたり、量がとても多かったりして、通常のゴミ出しでは対応できない事もあります。

そんな時、自治体の不用品回収を利用するか、不用品回収業者に依頼するか、どちらがお得になるのでしょうか。

家電リサイクル法対象家電が無ければ自治体の方がお得!ただし、不用品は指定場所へ持参

家電リサイクル法対象の家電が処分したい不用品の中に含まれなければ、自治体に処分してもらった方がお得です。

家電リサイクル法の対象家電

・冷蔵庫(冷凍庫も含む)

・洗濯機(衣類乾燥機も含む)

・エアコン

・テレビ

これらの家電は、自治体では処分できません。

代行処分してくれる自治体もありますが、手数料が上乗せされてしまうため、回収業者に依頼するよりも高くついてしまうケースもあります。

上記の家電が含まれない場合は、自治体の指定する場所へ不用品を持ち込み処分する事ができます。一般的には民営の不用品回収業者よりも安いと言われていますが、自分で指定場所へ持ち込まなければならないため、手間がかかります。

自治体によっては、専用のチケットを購入する必要があるなど、あれこれ面倒な事が多いので、手順や方法を自治体に確認して間違えないようにルールを守って不用品を処分しましょう。

家電リサイクル法対象家電は、不用品回収業者の方がお得!回収も全てお任せ!

冷蔵庫、洗濯機、エアコン、テレビ、これらの家電リサイクル法対象家電の処分は、直接不用品回収業者に依頼して回収してもらう方が費用を抑えられる事が多いです。

自治体で紹介してくれる業者もありますし、自分で探して相見積もりを取るなどして、金額を比較検討するなど工夫し、最も安く引き受けてくれる業者を探しましょう。

回収業者の多くが、引き取りも全て業者がやってくれるので、依頼者は何もせずに全てお任せする事ができます。

ただし、金額と条件によっては、家の外へ自分で出しておかなければならない場合もあるため、よく注意して検討しましょう。

家電リサイクル法の対象家電と、その他の不用品がどちらもある場合は相見積もりで検討

冷蔵庫、洗濯機、エアコン、テレビなどの家電リサイクル法対象家電の他にも粗大ゴミや、不用品が多数ある場合は、相見積もりを取って、最もお得で手間もかからない方法を検討しましょう。

不用品回収業者によっては、まとめて依頼するとかなりお得になる場合もあるので、全ての不用品を任せてしまうのが良いケースもあります。

逆に、全て不用品回収業者に任せてしまうと見積もりが高額になってしまう場合は、自治体の回収と合わせて検討するのも良いでしょう。その際には手間がどれくらいかかるかもよく考えましょう。

多くの回収業者が、トラックの大きさ分はまとめて○円といった料金プランを展開しているため、まとめて回収業者に任せてしまうのが最も費用も手間もかからない方法かもしれません。

ただ、条件によって変わってくるので、色々なケースで費用見積りを出して検討してみてください。

相見積もりを出すためにやっておくと良いこと

費用を比較検討するためにも必要な「相見積もり」算出。

複数の業者に見積もり算出を依頼するにあたり、やっておくと良い事は、処分したいもののリストを作っておく事です。

簡単で大丈夫なので、何をいくつ処分したいのか、データなどで整理しておくと、見積もり算出依頼をする際にスムーズに依頼ができますし、同じ条件で見積もりを出してもらえるので、比較検討もしやすいです。

東京・埼玉・神奈川エリアで不用品回収をご検討ならエコファームで見積もりを!

東京近郊を中心に不用品回収をおこなっているエコファームでは、トラックの大きさで金額が変わるお得なパッケージプランも展開しています。

家電リサイクル法の対象家電はもちろん、エアコン取り外しまでお任せできる頼れる業者です。

無料で見積もりを出してくれるので、比較検討のためにも、まず一度お問合せください。

引っ越しも、片付かないお部屋の整理や清掃なども請け負っているため、不用品回収だけでなく、その前後に必要な各作業についても依頼いただけます。

片付けが上手くいかなくて困っている!ゴミが沢山出て、処分に困っている!家電を捨てようと思ったら自治体では受け付けられないと言われてしまった!など、お困りの事があれば是非一度ご相談ください。