遺品の処分をする時のポイント | エコファームは不用品回収など東京都内全域をカバーしております。お気軽にご相談下さい。

遺品の処分をする時のポイント

遺品の処分はどのようにすれば良いのか悩んでしまうことが多いものです。

どれを残してどれを処分するべきか、基準がわかるだけでも違いますよね。

だからこそ、ここでは遺品の処分を種類別にご紹介。

自分たちでは処分することができないものの対応法についても参照ください。

遺品の分類

誰かが亡くなったときに生じる遺品は、大きく3つにわけることができます。

・価値のある遺品

・価値のない・処分に困る遺品

・処分することができる遺品

金銭的な価値が生じるものや、相続することができるものは価値のある遺品と見なすことができます。

一方、金銭的価値のないものや、どうやって処分すれば良いかがわからないものもあるはずです。

細かなもので家庭ごみとして処分できるものもあるでしょうから、自分たちで処理できるような遺品もあるはずです。

それでは、遺品ごとに詳細を説明しましょう。

価値のある遺品

金銭的価値のある遺品とは、骨董品や芸術品、宝飾品などがあげられます。

相続することで遺族のメリットになるような株式なども価値のある遺品ですよね。

骨董品や芸術品、宝飾品は鑑定書等があれば、価値のあるものとしての証明ができます。

株式などは相続が円滑に進むよう、遺言書があればベストです。

価値のない・処分に困る遺品

金銭的価値の低い遺品は、生活に必要な衣類や日用品をはじめ、家具や家電などがあげられます。

残された家族が形見分けをして遺品を処分するということもあるでしょうが、あっても仕方がないものが多く生じるのも特徴です。

しかも、処分には費用がかかったり、そもそも処分が面倒だったりとご負担に感じることが多いものが価値のない・処分に困る遺品として考えられるのです。

リサイクルショップで売却することで処分ができるかもしれませんが、個人情報が含まれているようなパソコンやスマートフォンはデータを消去してから処分するといった配慮も必要です。

処分することができる遺品

自分たちでごみとして処分できるような遺品は、不用品として捨ててしまうのがシンプルです。

各自治体で決められたごみの収集日に出せば、遺品整理は自分たちでもある程度は進められます。

ただ、処分の量が多い場合には保管が面倒ですよね。

自治体でゴミ処理場まで持ってくるなら、一気に処分してくれることもあるでしょうから、問い合わせをするのもおすすめです。

種類別にした遺品の処理方法

亡くなった方が残した遺品を種類別に分けていくと、それぞれの処理方法が見えてきます。

価値のあるものはお金に変えることができるでしょうし、財産として相続することも可能です。

価値の無いものは処分をしなければなりませんが、処分方法で負担が変わります。

では、遺品に金銭的価値がある場合とそうでない場合に分類して、処分方法を説明します。

遺品に金銭的価値がある場合

遺品に金銭的価値がある場合には、そのまま相続するというのも良いでしょうし、お金に変えるということもできます。

お金に変える場合には遺品の価値をきちんと評価してくれる業者にお願いしましょう。

足元を見られて安く評価されることがないように注意してくださいね。

遺品に金銭的価値がない場合

遺品に金銭的価値がないものは、どうやって処分すれば良いかに悩む方が多いです。

家具や家電など、処分方法が異なるものがたくさんあると、その度に自治体へ問い合わせて処分をするということも生じます。

こうした悩みを解決するなら、不用品回収業者に依頼をするのが良いでしょう。

自分で処理できない遺品の対処法

自分で処理ができない遺品があったり、色々な種類の遺品があって面倒という場合には、不用品回収業者に依頼をするのが一発解決に繋がります。

まずは現場を見てもらってどれくらいの費用になるかを見積ってもらいましょう。

不用品回収を行っている東京の業者をピックアップすると、複数の専門業者がヒットするはず。

まずは見積もりを比較して、納得のいくところを見つけましょう。

多くの時間と労力を割くはずの遺品整理が、円滑・円満に解決できるはずですよ。

見積りは無料で行ってくれますから、お問い合わせをしてみるのがおすすめです。

【遺品の処分をする時のポイント」まとめ】

遺品を処分する時には、価値のある・なしを考えつつ、それぞれに見合った方法を導き出すべきです。

自分では処理できないと思ったなら、思い切って不用品回収業者へ相談すると、遺品処理に対する適切なアドバイスが頂けて、なおかつ円滑な処分がしてもらえます。

わざわざ価値のある・なしを考えるのが大変と思っているなら、最初から不用品回収業者に依頼するというのも賢い選択です。