遺品整理と生前整理の違いとは? | エコファームは不用品回収など東京都内全域をカバーしております。お気軽にご相談下さい。

遺品整理と生前整理の違いとは?

遺品整理と生前整理は、どちらも本人だけでなく周囲の家族にも影響を及ぶことがあるかもしれない出来事です。

どれだけ健康な方でも生涯の幕を閉じるタイミングがあります。

その前後に身の回りのものを整理することが、人としての責任でもあります。

ここでは、遺品整理と生前整理の違いをご紹介。

どのように整理をつけるべきかも紹介します。

遺品整理と生前整理の基本的な考え方

遺品整理と生前整理は、言葉の意味を考えるだけでも簡単なイメージができるはず。

でも、ここでは基本的な考え方を紹介します。

遺品整理とは

遺品とは、亡くなった方の持ち物をさします。

それを残された家族をはじめ、亡くなった方が生前縁のある人によって整理することが、遺品整理の基本的な考え方です。

当の本人は亡くなっていますから、本人に確認しながら行うことができません。

生前に亡くなってからの対応についてをまとめている人がいますが、そこまで周到に考えている人は多いとは言えません。

突然の別れほど遺品整理は大変になることが多いものです。

どんなものが遺品として残されるかと言うと、印鑑や通帳といったお金に関するもの、土地や株式とした資産に関するもの、写真や映像などの遺族に亡くなった方の記録が残されていることもあります。

一般的な考え方としては亡くなってから四十九日を過ぎてから遺品整理をするという考えがあります。

でも、黙って四十九日までを待たなければならないということではありません。

その間に一気にカタをつけてしまうということも、決して悪いことではありません。

むしろ、一人暮らしだった方なら死亡後も家賃の支払いが続きます。

そうならないようにするためにも、迅速に遺品整理を行うという考えが多いのです。

法的には死後どれくらいが経過するまでに遺品整理をしなければならないという決まりはありません。

亡くなった方のことを思いながら、周囲の状況を鑑みて決断頂くのが良いでしょう。

四十九日を待っていてもデメリットが大きくならない状況なら、心の整理をつけてからでも構いません。

生前整理とは

遺品整理とは反対に、生きているうちに整理を行う生前整理。

亡くなる前に行動できるので、遺品整理の手間を軽減できるのが大きなメリットです。

また、細かな意向を伝えておくこともできますから、残される遺族が対応に困らないようにすることも可能です。

生前整理を行う時期は、遺品整理と同じように法的な縛りはありません。

早くに整理をつけて、気持ちも新たに残りの余生を過ごすこともできます。

ただし、生前整理をするには住まいの整理整頓が必要です。

居住している期間が長ければ、生前整理をするのは大変です。

人生のターニングポイントを迎えたときに生前整理をすることがあるでしょうが、依頼した方の意見を尊重できるよう、片付けのプロに対応してもらうことも増えています。

遺品整理と生前整理についての違い

遺品整理と生前整理の大きな違いは、行動するタイミングではないでしょうか。

遺品整理は亡くなってから行うものですが、生前整理は生きている状況で行うものです。

つまり、整理のやり方は二つの方法とも大差はありません。

自分たちで整理を行うか、それとも不用品回収のプロに委ねるかは自由ですが、住まいや所持品を整理するのは大変な労力です。

また、生前整理はこれからも必要なものを残さなければならないため、意向を伺って対応しなければなりません。

遺品整理は家族の判断で行われますし、残しておくものが限りなく少ない状態にしたいという意向から、処分する量が多くなってしまいがち。

ただ、生前整理でも施設入所をはじめ所持品をほとんど処分したいという場合には、処分する量は多くなります。

遺品整理や生前整理を効率的に行う方法

遺品整理や生前整理を自分たちもしくは家族が全て対応するのはとても大変。

そこで、効率的に行うためにも不用品回収業者を利用する方法をご紹介します。

そのメリットは片付けのプロが整理のお手伝いをしてくれることです。

一気に綺麗にしたいという思いを実現させるには、素人のテクニックでは途方もない時間が必要です。

一方、不用品回収業者の利用で、いくらでも時間の短縮ができます。

見積りも無料で行ってくれますから、まずはどれくらいのコストがかかるかを確認してから依頼の有無を考えるのが良いでしょう。

スピーディーに整理ができて、依頼する側の意向を最大限聞いてくれる柔軟さがあるからこそ、不用品回収業者を利用すると良いのです。

遺品整理と生前整理のまとめ

片付けるという点では共通している遺品整理と生前整理は、いかに負担を減らすかがカギを握ります。

もしも整理が必要なら、不用品回収業者を利用するという方法もお使い頂くと、自分たちで頑張ったときよりも何倍も労力の削減ができるはずです。

無料で見積もりを行っている業者にお願いをすると、作業時間や費用、今後の見通しまでも提案してくれます。

納得のいく業者を見つけたなら、あとは整理を依頼するだけで完了します。