遺品整理の時期で押さえておくべきポイント | エコファームは不用品回収など東京都内全域をカバーしております。お気軽にご相談下さい。

遺品整理の時期で押さえておくべきポイント

遺品整理を行う時期は、明確な決まりはありません。

でも、押さえるべきポイントがいくつか存在するのです。

どのタイミングで遺品整理を行えば良いかわからないという方のためにも、ここでは遺品整理の時期で忘れてほしくない点をまとめてみました。

遺品整理の時期で押さえるポイント

遺品整理をする時期は、「必ずこうしなければならない」という決まりはありません。

だからこそ、「いつやればいいの?」という疑問が出てしまいますね。

ここでは、多くの方が行っている遺品整理の時期を4つ紹介します。

四十九日が過ぎたら遺品整理を行う

四十九日を経過すると、亡くなられた方が仏さまのところへ向かうとされており、そのタイミングを遺品整理のタイミングと考えることが一般的です。

どうして四十九日を境にするかというと、大抵の場合、遺族が一堂に会する四十九日法要が行われるはずです。

そこで相続や今後の整理を話し合い、次に向かって歩み出すことが多いからなのです。

諸々の手続きが終わってから遺品整理を行う

人が亡くなると、身辺整理をしなければならないことがたくさんあります。

健康保険や年金の手続き、公共料金や財産の相続など、残された家族はたくさんの処理に追われます。

通夜や葬式が終了したから一段落ではなく、その後の手続きを全て行ってから、遺品整理を行うという方も多いです。

気持ちの整理がついてから遺品整理を行う

いくら多くの方が四十九日を過ぎて遺品整理を行うといっても、気持ちの整理がつかないうちに行動できないと考える方が多いのも事実。

故人のことを思うと、縁が深いほど悲しみも計り知れません。

ただし、故人の住まいが賃貸であれば家賃が発生しますので、費用負担のことを考える必要が出てくることもあるでしょう。

次の家賃が発生する時期までに遺品整理を行う

故人が持ち家に住んでいる場合には家賃は発生しないでしょうが、賃貸が住まいの場合には契約している間は家賃の支払いが発生します。

遺品整理を行わないまま契約を続ければ、その分だけ費用の支払いをしなければなりません。

こうした事情から、四十九日よりも前に遺品整理を行って契約の終了手続きを行うという方もいるのです。

持ち家も土地や建物に税金がかかっているので、その支払いが新たに発生する前に遺品整理を行って解体を検討することもあるはずです。

無駄に支払いが生じる前に何とかしたいと思っている遺族も多いのです。

遺品整理の時期が来た時にすべきこと

遺品整理の時期が来た時にすべきことは、「自分で行動する」か「専門業者に依頼する」かの二択になるはずです。

どちらが良いかをしっかり考えられると、間違った選択をすることなく、遺品整理が完了します。

自分たちで遺品整理を行う場合

遺品整理を自分たちで行うのは、思った以上に大変に感じることが多いです。

残されたものを仕分けるのも大変でしょうし、思い出に触れて再び悲しい気持ちになってしまうこともあります。

でも、その人の死を受け入れるためにも、自分たちで遺品整理を行うのは悪いことではありません。

一方で、処分をどうすれば良いかわからないものが出てきたり、大量の不用品をそれぞれの処理方法に合わせて対応するといった面倒な作業が生じ、手をつけたものの投げ出したくなると感じる方も多いのです。

専門業者に依頼する場合

遺品整理は不用品回収業者に依頼して、一気に整理するという方法を選択することもできます。

遺族にとっては遺品整理に多くの時間を割くこともありませんし、自分たちで行うよりも遥かに楽です。

ただし、不用品回収業者に依頼するということは、お金がかかってしまいますよね。

それでも、負担の少ない方法を提案してくれる不用品回収業者に依頼すれば、遺品整理に多大なストレスをかけることはありません。

そのためにも、不用品回収業者から見積もりをもらって、一般的な相場と比較することをおすすめします。

複数社から見積もりを取るのも良いでしょうし、簡単な作業のものは自分たちで行っておくことも節約に繋がります。

「遺品整理の時期で押さえておくべきポイント」のまとめ

遺品整理の時期は、それぞれの考えや費用的な問題を踏まえて考えることが重要です。

ただし、遺品整理はとても大変な作業ですから、自分たちで行うだけでなく、不用品回収業者を上手に活用しながら負担の少ない方法を選ぶこともおすすめです。

不用品回収業者は東京近郊だけでも複数ありますから、まずは見積もりを取ってみて、遺品整理をしたいと思った時に迅速に解決できる状態にしておくことも重要です。