行政粗大ごみ回収のデメリット | エコファームは不用品回収など東京都内全域をカバーしております。お気軽にご相談下さい。

行政粗大ごみ回収のデメリット

行政粗大ごみ回収のデメリットを把握していると、不用品回収業者であるエコファームを利用するメリットが見えてきます。

公的機関のサービスであることが、多くのデメリットを生み出している行政粗大ごみ回収。

ここでは、行政粗大ごみ回収における6つのデメリットを紹介しますので、不用品回収の専門業者に依頼する魅力も併せてご覧ください。

行政粗大ごみ回収のデメリット

行政粗大ごみ回収は、大きく6つのデメリットがあります。

公的なサービスということもあり、比較的安価で回収が行われますが、メリットを上回るデメリットがあって、使いにくいと感じられているのも特徴です。

では、それぞれのデメリットを解説します。

手続きの煩雑さが面倒に感じる

行政粗大ごみ回収の手続きは、電話もしくはインターネットで申し込みを行います。

粗大ごみがどの区分に入るかも調べなければなりませんし、申し込み後にスーパーやコンビニで「ごみ処理券」を購入。

それを処分するごみの目立つところに貼って、回収当日に出さなければなりません。

平日のみのサービス

行政粗大ごみ回収のサービスは、基本的に平日の日中です。

わざわざ仕事を休んでまで回収の手続きを取るのは大きな負担になるでしょうし、依頼する側の日時の希望は受けてくれません。

行政のサービスということもあり、平日しか使えないというのが大きなデメリットです。

ごみ収集日まで期間がある

本当は早く綺麗さっぱり片付けたいものでも、行政粗大ごみ回収は依頼から回収までに期間を要します。

季節によって回収の頻度が多くなるような年末年始やお引越しが多くなる時期は、回収までさらに期間がかかってしまうこともあります。

回収できないものも存在する

行政粗大ごみ回収では、エアコンやテレビ、冷蔵庫や洗濯機、パソコンといった家電製品をはじめ、ピアノや消化器、耐火金庫やバッテリー、タイヤといったものも回収してくれません。

家電リサイクル法ができたことにより、専門の業者に処分を依頼するといった手間が生じてしまいます。

粗大ごみは一括で処分できるのではなく、ものによって別の業者と連絡を取らなければならないということが起こります。

ごみ運搬の手間がある

行政粗大ごみ回収は指定された場所で行われるため、そこまで粗大ごみを運搬しなければなりません。

中には大きなものを運ぶ必要があり、とても対応しきれないということもあるはずです。

指定された場所がすぐ近所なら良いでしょうが、重たいものを運んで何かあっても責任はとってくれません。

後から追加ができない

行政粗大ごみ回収を依頼するということは、大掛かりな整理整頓を行っているはず。

その当時は回収を考えていなかったものでも、やっぱり回収してもらいたいということがあるはずです。

でも、後から追加の依頼をすることはできません。

行政粗大ごみ回収の悩みを解決する方法

これまで数々の行政粗大ごみ回収に対するデメリットを説明しましたが、こうした悩みを一発で解決する方法があります。

それが、不用品回収業者の利用です。

エコファームのように東京近郊を網羅している不用品回収業者を利用すると、お客様のスケジュールを優先し、どんなものでも一気に回収してくれます。

しかも、追加で回収の依頼も行えますし、自宅や指定された場所まで回収に来てくれるので、手間がかからないというのが大きなメリットです。

見積りを無料で行っているので、まずはどれくらいの費用がかかるかを確認するのもおすすめです。

面倒な手続きも無く、迅速に対応してくれるからこそ、粗大ごみがいくつも生じるような時には活用するべきではないでしょうか。

行政粗大ごみ回収のデメリットのまとめ

行政粗大ごみ回収は、数多くのデメリットがあって使いにくいと感じる方も多いはず。

その問題を解決してくれる不用品回収業者の存在も知っていると、どちらのサービスを利用するべきかの判断がしやすくなるはずです。

面倒なことでイライラするくらいなら、パッと解決してくれるサービスを選びたくなる方がほとんどです。

だからこそ、多くの方が不用品回収業者を利用しているのでしょう。