遺品整理で発生したリサイクル品はどう扱うべき? | エコファームは不用品回収など東京都内全域をカバーしております。お気軽にご相談下さい。

遺品整理で発生したリサイクル品はどう扱うべき?

遺品整理で発生しやすい4種のリサイクル品

遺品整理の際に生じやすいリサイクル品は主に4つです。

・家電製品

・衣服

・家具

・趣味のもの

これらのリサイクル品はどのように処理すれば良いのでしょうか。

リサイクル品はどう扱うべき?種類ごとの処理方法

家電について

「家電リサイクル法」に沿って処理しなければなりません。

洗濯機、冷蔵庫、テレビ、エアコンがこの法律の対象となっています。

これら4品目については、指定された引き取り場所に運搬するか、製造業者か購入したショップに引き取ってもらわなければなりません。

また、家電リサイクル券がないと引き渡すことができないので、前もって確実に郵便局で用意しておいてください。

これら以外の家電に関しては「小型家電リサイクル法」に沿って処理します。

回収方式や回収品目が市町村ごとに違いますので、処理するときには必ず自治体に確認を取ってください。

家具について

小型の家具に関しては、分別を行えば普通ゴミとして処理できるケースがあります(金具などを外しましょう)。

具体的には「1辺30センチまで」であれば燃えるゴミとして扱ってくれる自治体が大半です。

ですから、解体すれば机やイスは普通ゴミとして処理できるかもしれません。

ただ、解体できなかったり大きかったりするのであれば、粗大ゴミ扱いで自治体に回収してもらうことを推奨します。

家具の運搬、引き取り券の入手(コンビニ等で買えます)、電話連絡などをしなくてはなりませんが、低コストで処理することができますよ。

衣服について

まずは、形見分けを必ずしましょう。特にスーツや着物の中には高価なものが多いので、むやみに捨てるべきではありません。

ゴミとして衣服を出すことに関してですが、ルールが自治体次第で結構違います。

化学繊維(ポリウレタン、ナイロンなど)だけ資源ゴミとする自治体もあれば、全て資源ゴミとする自治体もあれば、全て普通ゴミとする自治体もあります。

また、ゴミの多さに応じて処分料金が発生する自治体も存在します。

(衣服は案外かさばりますからね)

とにかく自治体の規則をきちんとチェックしてから、衣服をゴミとして処理するようにしましょう。

また、古着屋に売る、ネットオークションに出す、寄付する、などの方法もあります。

趣味のものについて

絵画、骨董品、本、釣り竿などが、遺品整理で発生する嗜好品として多いです。

まず、大半の絵画は普通ゴミ扱いです。

額縁については、素材やサイズ次第で、不燃ゴミか粗大ゴミかが決まります。

ただ、高額な絵画も多いので、まずはリサイクルショップなどで審査してもらった方が良いと思います。

そして、骨董品についてはサイズの関係上、粗大ゴミに分類される場合が大半です。

これも高額なものがあるかもしれませんから、全て審査してもらう事を推奨します。

(絵画や骨董品については、それらを専門としている買取企業に査定してもらいましょう)

次に本に関してですが、古本屋に売ると良いでしょうね。特に専門書は想像以上に高く売れる場合もあります。状態次第ですが、本を引き取ってくれる図書館もありますよ。

ゴミとして出すのであれば、資源ゴミ扱いになる自治体が大半です。

最後に釣り竿。これは粗大ゴミとなります。ただ、小さく分解できれば不燃ゴミ扱いになるケースもあります。釣具店に売るのも良いですね。

※ここまで遺品の処理方法を紹介してきましたが、特に本、衣服、家電などについてはお知り合いにあげることも選択肢に入れておくことをおすすめします。

遺品整理(不用品回収)企業にサポートしてもらう事の利点は?

遺品整理の労力が減る

時期的に遺品整理だけに力を注いでいられない方が大半だと思います。

また、遺品整理自体、不用品と遺品の仕分け作業や、処理の手続きなどもありますから、メンタル面でも精神面でもヘトヘトになるかもしれません。

ですから、場合によっては遺品整理(不用品回収企業)にサポートしてもらうことをおすすめします。

処分コストが下がるかもしれません

遺品整理(不用品回収)企業にリサイクル品を買い取ってもらえば、そのお金が遺品整理費の足しになるかもしれません。

値段が付かないものもあると思いますが、タダで回収してもらえればそれだけでもコストダウンになりますよね。

東京にも遺品整理(不用品回収)企業がありますので、利用してみてはいかがでしょうか。

遺品整理(不用品回収)企業選びで気を付けたいこと

遺品整理専門企業の長所と短所

遺品整理企業にも、不用品回収の一部として遺品整理企業をしているところもあれば、遺品整理だけをしている企業もあります。

遺品整理専門の企業に任せれば、遺品整理に関して良質な仕事をしてくれる可能性が高いですよね。

ただ、遺品整理企業の場合は、不用品回収もしている企業と比較すると、販売ルートをあまり確保していないケースが多いです。

そのため、リサイクルショップでは買い取ってもらえる可能性がある遺品も、処分されてしまうかもしれません。

ですから「買取に対する積極性があるか」という点に注目して、遺品整理(不用品回収)企業を探すことをおすすめします。

「買取も行っていますか?」と直接電話で質問しても構いません。

認可済みの企業を選びましょう

「古物商許可証」がなければ、遺品を買い取って転売することはできません。

この許可証がない企業は避けてください。