不用品として出た家具の廃棄方法6選! | エコファームは不用品回収など東京都内全域をカバーしております。お気軽にご相談下さい。

不用品として出た家具の廃棄方法6選!

家具の処理方法は主に6つ

1:引越し会社に引き取ってもらう

家具の引き取りを行ってくれる引越し会社もあります。

大型家具の回収に慣れていますから、安心して任せられるという利点があります。

2:処分希望の家具を買った店に引き取ってもらう

処分希望の家具を買った店に頼むと引き取ってもらえる場合があります。

ちなみに、家具の引き取りを専門で行っているショップはあまりありません。

3:自治体に引き取ってもらう

自治体ごとに家具の廃棄の仕方は違いますので、収集場所や処分方法に関して自治体に聞いてみてください。

一般のゴミステーションではなく、直接ゴミ処理施設に運ばなければならなくなるケースもあります。この際は、家具の搬出や運搬を自力でこなさなければなりません。

4:リサイクル店に引き取ってもらう

いらない家具を引き取ってくれるリサイクル店が多いです。

最近は、引き取りのために訪問してくれるリサイクル店も少なくありません。

家具の種類・年式・状態によっては買取をしてくれるケースも。

ただ、買取をしてもらうのであれば、絶対に「古物商許可証」を取得しているショップに任せるようにしてください。

5:不用品回収企業に任せる

家具の運び出しや運搬もしてくれますから、この方法もここ数年人気になっています。

ただ、運び出し・運搬などの作業料が、1~4のやり方よりも高くなりやすいという欠点があります。

また、東京をはじめとする不用品回収企業には「相場」という概念がほとんどないという事実も。ですから、代金やサービス内容を電話やインターネットでチェックして、色々な不用品回収企業を比べてから、最終的に任せる企業を選択することをおすすめします。

ちなみに、トラックなどで住宅街を走行しながら、不用品の引き取りをタダでやってくれる企業もあるにはあるのですが、大半は許可を得ずに行っていますので避けましょう。実際、色々なトラブルが発生しているようです。

企業選択は慎重に進めてくださいね。

6:誰かにあげる

家具の状態がある程度良いのであれば、この方法も有効です。

ゴミが少なくなりますし、環境保護にも繋がりますよね。

身近な人に相談すれば「欲しい」という声が案外出てくるものです。

また、ネットを介して「あげたい人」と「欲しい人」を引き合わせるためのサービスも近年は増えました。

家具の廃棄の際に起きやすいトラブル

金銭的なトラブル

トラックなどに家具を積んでから大金を請求したり、わざと指定されていない家具を積んでそれを戻す際に料金を請求したりと、多種多様な手口があります。

ですから「見積りとサービス内容について、詳しく文章化されている業者」でなければ選択肢から外すようにしましょう。

不法投棄

家具の処分コストが掛からなくなりますから、不法投棄をする企業がないわけではありません。

ネットの口コミや実際の利用者からの評価をチェックして、危ないと感じた業者は避けましょう。

事故

業者の家具の扱いが下手だと、部屋を傷つけたりケガを負わせてきたりする恐れがあります。

特に賃貸住宅だと、損壊させた箇所を必ず修復しなければなりませんから、このようなトラブルがあっては困ります。

任せたい企業の運び出し・運搬作業に慣れているか前もって聞いておくなどして、少しでも不安を感じたのであれば、その業者は避けることをおすすめします。

家具の廃棄にはどれくらいお金がかかるの?

まず、東京などの自治体に引き取ってもらうケース。

これに関しては200~1500円くらいとなります(自治体によって違います)。

不用品回収企業に任せるとなると、諸々の作業料金をトータルして3万~5万円程度となる場合が多いです(6畳ワンルームとして)。

不用品回収企業に任せると料金が高くなりますね。

ですが、圧倒的に労力が少なくなりますから、利用する価値は十分にあると言えます。