不用品回収業者を利用した際に起きやすいトラブルと回避方法 | エコファームは不用品回収など東京都内全域をカバーしております。お気軽にご相談下さい。

不用品回収業者を利用した際に起きやすいトラブルと回避方法

不用品回収業者を利用した際に起きやすいトラブルと回避方法

料金トラブル

多いのは「見積もりを安く出して、後から高額な追加料金請求する」というケースです。

また「無料回収」と宣伝しておいて、別途作業料を請求してくる不用品回収業者もいます。

不法投棄

極めて悪質な不用品回収企業となると、回収した品を不法投棄してしまう場合もあります。

違法行為ですから不法投棄をすれば前科が付くことになります。

不法投棄において恐ろしいのは「不法投棄の疑いが元も持ち主にかかる」ということ。

自分の正当性を証明するために、裁判に出たり弁護士を利用したりしなければならなくなるケースもあります。

破損トラブル

利益と効率しか考慮していない不用品回収業者は最低限以下のスタッフしか出しません。

大型家具などの搬出があっても一人しかスタッフを送り込まないこともあり、そのせいで家具を壊したり、壁や床にキズを付けたりされてしまう恐れがあります。

良質な不用品回収業者であれば保険に入っていますから、万が一何かトラブルがあってもそこから修理料金を出してくれます。

しかし悪質な企業の場合はそういった保証システムがないので、自分で修復費を出すしかありません。

買い叩きのトラブル

不用品の買取を行っている不用品回収業者もあります。

ただ、悪質な不用品回収業者は、可能な限り安く買い叩こうとします。

しかし「そもそも回収費がかかると思っていたのに、お金が返ってきた」という事で満足してしまって、買取金額に疑問を持てない可能性が非常に高いです。

ですが、不用品を相場の3分の1程度の金額で買い取ろうとする業者も少なくありませんから気をつけましょう。

ただ、こういった部分に重々注意するのであれば、不用品買取は非常に有効な方法であると言えます。

無理矢理な買い取りのトラブル

「回収を希望していないのに、無理矢理買い取ろうとする業者」も存在します。

不用品回収業者は転売によっても収益を得ていますから、悪質な業者を利用してしまえば、こういったトラブルがあってもおかしくありません。

このような事態に陥ったら、とにかくはっきりと断るようにしてください。

それ以外に方法はありません。

窃盗トラブル

極めて稀なケースではあるのですが、不用品回収業者に品物を盗まれてしまう場合もあります。

不用品回収の作業で一時的に部屋が散らかり、バタバタしていれば気づかなくてもおかしくないかもしれません。

また、不用品回収業者自体の評判は良くても、「盗み癖」のあるスタッフが在籍している恐れもありますので、回収作業には必ず立ち会うようにしましょう。

こんな不用品回収業者は避けましょう

各自治体や環境省が注意喚起するレベルで、東京をはじめとする日本中に悪徳な不用品回収業者が多くなってきています。

ここからは「避けるべき不用品回収業者」について解説していきます。

作業料が無料か激安

無料や激安の不用品回収企業の大半は、違法な処分方式や転売ルートで収益を確保しようとします。ですからトラブルも起きやすいですし、先ほど紹介した不法投棄問題など、依頼者自身が巻き込まれてしまう恐れもあります。

価格設定があいまい

公式HPや見積もりでの価格提示があいまいな場合は、先述のような料金トラブルが発生しやすくなるので避けましょう。

古物商許可証がない

「古物商許可証」がなければ、不用品を売買することは許されません。

所持していない業者は利用しないでください。

不用品回収企業とのトラブルを起こさないためには

前もって見積書を出してもらう

こうしておくことで料金トラブルが発生しにくくなります。

領収書を出してもらう

領収書があれば、万が一不法投棄された際に「不法投棄をしたのは不用品回収業者である」と証明できます。

簡単なものでなく、きちんとした形式の領収書をもらってください。

「領収書を下さい」と頼んで渋るような不用品回収業者は避けましょう。

【補足】遺品整理の際に起きやすいトラブル

遺品整理の際はここまで紹介してきたトラブルに加えて、「遺品を乱暴に扱われる」という可能性もあります。

ただ、不用品回収企業は文字通り「不用品を回収すること」だけを考えている場合が大半ですから、そこに悪意がないかもしれません。

ですから遺品整理をしてほしいのであれば、不用品回収業者ではなく、遺品整理業者に任せることをおすすめします。

「遺品整理士」がいる業者を選べば言うことはありません。「精神面の教育」もされていますから、故人に弔意を示しつつ遺品を扱ってくれます。